前へ
次へ

不動産会社を仲介して物件を売却する

所持している不動産を売却する際は、購入してくれる人が必要です。
しかし、買ってくれる人を自力で探すのは手間がかかります。
そんな時は不動産会社が仲介に入ってもらうことでスムーズに買主を探すことができます。
仲介による売却の場合は自分自身で売り出し価格を決められます。
正式に依頼するときは不動産会社と利用者の間で媒介契約を交わします。
媒介契約も種類があり、どれを選ぶかによって売却の条件が異なってきます。
仲介にするメリットとしてはこちらが決めた高い金額での売却が可能な点でしょう。
不動産会社への物件の買取もできますが、利益が差し引かれる価格となります。
この場合、買取した物件は不動産会社がリフォームを行って再び売却します。
それに伴うリフォーム費や人件費がかかるので低くなるのです。
仲介による売却は仲介手数料が必要です。
しかし、仲介手数料を差し引いても買取価格が大幅に安くなることはないので安心です。
高く売却したい人は最寄りの不動産会社に相談してみましょう。

Page Top